海は楽しいです!

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

Cカードを取得しよう

Cカードって聞いた事ありますか。ダイビングに興味がある方は聞いた事がるかもしれませんね。
では、Cカードてどうやって取得するのでしょうか。その流れを説明してみたいと思います。

Cカードって

Cカードと言われているのは、Certification-Cardと言う英語を略しているもので、海を安全に潜る為の知識や技術を勉強して習得していますよと言うのを証明する為のカードです。
世界中でこでも海でスクーバーダイビングをする為には、このCカードを持っていないとできません。
このCカードを持っていなければタンクを借りる事も出来ないのです。

ですが、Cカードは車のように免許証とは違い法律で決まっている物ではありません。ダイビング団体が認定をしているカードになります。ですので、別にこのCカードを持っていないからと言ってダイビングをする事が出来ないと言う訳ではなく、Cカードを持っていないとタンクを借りられなかったり、タンクに空気を入れて貰えなかったりするのです。ですので、ダイビングをする人には必要なカードと言う事になります。

Cカードを取得して、一番注意をして欲しい事があります。Cカードを持って入れば、どこの海でもダイビングをする事が出来るようになるのですが、それと同時に自分の身は自分で守らないといけないと言う、責任も持たなくてはいけません。ですので、Cカードを持っているからではなく、どのような講習などを受けて今持っているCカードを取得したのかが重要になってくるのです。
ですので、Cカードを取得する時には、ショップや店員、インストラクターのレベルとか、そのショップの方針などをきちんと把握しておく必要もあるのです。

では、実際にCカードを取得するまでの一般的な流れをご紹介してみましょう。

申込みとカウンセリング

まずは、ショップにダイビングの申込みをします。そして、ショップでインストラクターの方とダイビングについて話をします。
Cカードを取得するまでの流れや、料金などもこの時に説明をしてくれます。
もし、講習を始める前に、不安な事や、疑問に思っている事があったらこの時に色々と質問をしておきます。
親切になんでも答えてくれると思いますよ。

学科の講習を受ける

始めは学科講習となります。ダイビングに必要な知識をつけないといけませんので、この学科講習で一通り勉強をします。
家でも勉強ができるマニュアルとか、ビデオなどを使っての講習があり、インストラクターの方も色々と教えてくれます。分からない事があったら遠慮しないでどんどん質問しましょう。

プールでの講習

頭の勉強が終わったら、次は実際に体を使います。ですが、いきなり海にいくのではなく、まずは普通のプールよりも水深がある専用のプールで講習を受けます。
初めのうちは、足が着くぐらいの深さのプールで器材の使い方などを講習していきます。目が悪い人は度が着いているマスクを使います。まずは、このプールで基本的なスキルを覚える必要がありますので、しっかりと講習を受けましょう。また、分からない事があれば、インストラクターの人にどんどん質問をして下さい。

海洋講習に行こう

プール実習が終わったら、いよいよ海に出ての講習になります。学科講習と、プールでの講習で習ってきた事の総まとめとなります。実際の海ですが、緊張しないで楽しむようにするといいでしょう。
海洋講習では実際にダイビングをしながらの講習となりますので、一番楽しい講習になると思います。ダイビングの楽しさも実感する事が出来ますし、スキルも勉強する事が出来ます。
ですので、どうせなら楽しみながら講習を受けた方がいいと思います。と言うか、楽しくないはずはありません。

CカードGET

海洋講習が終わって、筆記試験を受けます。その試験に合格をする事が出来れば無事にCカードを取得と言う事になります。Cカードを取得すれば1人のダイバーと言う事になります。
しかし、このCカードはまだまだ入門レベルとなります。車で言えば若葉マークです。
これから、沢山のダイビングを行って、自信をもっと付けてそして、さらに上にステップアップをすると良いかと思います。
ステップアップをすればさらに広い海を潜る事ができ、海の感動を味わう事が出来るようになります。

Favorite

声優養成所比較ランキングの紹介

最終更新日:2017/12/14

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 SEA in the Happy  All rights reserved