海は楽しいです!

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビング機材

ココでは、ダイビングに必要な機材の説明をしていきたいと思います。

軽めの機材

マスク

ハイ、 これがないと、水の中で何も見えません。つまり、何も楽しくないです。ですので必需品となります。
選び方のポイントですが、マスクを顔に当てます。この時に髪の毛を1本も挟まないように気を付けて下さい。
そして、鼻から息を吸います。すると、マスクが顔に張り付きますよね。この状態で手からマスクを離してもマスクが落ちなければ、このマスクが貴方の顔に当っていると言う事になります。
目が悪い方は度が付いているマスクを使用します。

シュノーケル

これは、水面から水中を見ながら移動する時に使用する物です。当然水中では使う事ができません。
ですが、水面を移動する時に、息継ぎをする必要がないので、大変便利です。
シュノーケルには種類があって、排水弁が付いているタイプと付いていないタイプがあります。排水弁が付いているタイプが水を出しやすいですので、オススメです。

フィン

足につけて使う物です。
ダイビングでは基本的に足だけで前に進んだりします。フィンはその人の体系などに合う物を選ぶ必要がありますので、ショップの人と相談しながら決めた方が良いと思います。
また、初心者なら柔らかいフィンを選んだ方が使いやすいと思います。

グローブ

海の中も危険が一杯です。サンゴや岩を素手で触ってしまって怪我をする事もありますし、生物に刺されたり、噛まれたりする可能性もあります。
そうならない為に手をガードするのがグローブです。自分の手のサイズに合うグローブを使用しましょう。
また、冷え性の人や、寒がりの人は冬用の温かいグローブもありますので、そちらも検討してみるといいかと思います。

ブーツ

ブーツは足を保護する為に使用します。海中の石などに立つ時に、この岩で足を怪我してしまったり、ウニを間違って踏んでしまって怪我をしてしまう可能性がありますので、足をブーツで保護します。
ブーツで足全体を保護するのですが、ファスナーが付いていると脱着と時に便利です。

スーツ

ダイビングには欠かせないアイテムの1つでもあるのがスーツですね。
スーツにも種類があります。まずはウエットスーツと呼ばれるものです。水着の上からすぐに着る事が出来ます。体全体を保護する為に着用します。
そして、もう一つがドライスーツと呼ばれているスーツです。
こドライスーツは主に冬のダイビングに使用します。首や袖また足から水が中に入らないような設計になっていますので、体を保温する効果があります。冬のダイビングには絶対に必要なスーツです。
また、スーツを購入する場合には、オーダーメイドが良いかと思います。やはり自分の体にピッタリのスーツのほうが使いやすいですし、効果を十分に発揮する事ができます。

大きな機材

レギュレーター

水中では息をする事ができませんよね。しかし、水中でも息をする事を可能にしたのがこのレギュレーターです。通常ダイビングをする時には背中にタンクを背負っています。この中には、酸素が入っていますが高圧になっているのでそのままでは酸素を吸う事ができません。
そこで、このレギュレーターを使ってタンクの中の酸素を吸うのです。これが壊れてしまうといくらタンクにたっぷりと酸素が残っていても呼吸をする事ができません。ですので、購入する場合にあ信用できるメーカーを選びましょう。

オクトパス

本当は使用したくない器材なのですが、万が一の時には役に立ちます。
これは、予備のレギュレーターと考えて下さい。もし、ダイビングの途中でレギュレーターが壊れてしまったら、このオクトパスを使って、呼吸をします。また、バディのレギュレーターが壊れてしまった時も自分のオクトパスを渡して、呼吸をすることが出来るのです。

ゲージ

水中での自分の状況を正確に把握する為の物です。このゲージにはメーターがいくつか付いています。
残圧計:タンクの中に酸素がどのくらい残っているのかを確認する為に見ます
水深計:今いる場所がどのくらいの深さなのかを知る為に使います
コンパス:海の中では方向が分からなくなる事があるので迷わない為に使います

B・C・D

水中には水圧があるのはしっていますよね。この水圧は水深と深く関係しています。水深によって浮く力や沈む力が変わってきます。
しかし、ダイビングをして浮いたり、沈んだりしていては楽しむ事ができませんので、中世浮力と言う浮かない沈まない状態になる必要があります。このジャケットを使えば中世浮力を保つ事ができるのです。ボタンでジャケットに空気を入れたり、抜いたりします。また、タンクを背負う為にも使用しますので、ピッタリのサイズを選ぶようにしましょう。

ダイブコンピューター

水深が深い所に長い間いると、自分では気付かないのですが、体の中に窒素がたまっていってしまいます。
この窒素が今体の中にどのくらいたまっているのかを知る事は大切な事です。
それを調べる為に、ダイブコンピューターを使います。腕時計のように腕に付けていれば、自動で体の中の窒素の量・水深・潜っている時間や無減圧の時間を表示してくれます。
とても大事なアイテムとなります。また、このダイブコンピューターを付けないとダイビングをさせてくれない場所もあるのです。

recommend

2017/12/14 更新

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 SEA in the Happy  All rights reserved