海は楽しいです!

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビングの基本シュノーケリングをマスターする

シュノーケリングをあまり重要に考えていない人も多いようですが、実はシュノーケリングの基本を知っておくという事は、とても大切な事なのです。せっかくですので、ココで説明したいと思います。

呼吸の方法

まず、基本ですが、呼吸はゆっくりと吸って、吐く時は勢いよく吐きます。
空気を吸っている時に、水が入ってきて慌ててしまう人もいますが、慌てないように気を付けましょう。
もし水が入ってきたら水を勢いよく出してしまいましょう。もし、出す事が出来ない場合には、飲んでしまえばいいのです。しかし、飲み過ぎたらお腹が一杯になってしまうので気を付けましょう。
また、飲むのがイヤなら一度顔を上げて口からシュノーケルを外してしまえばいいのです。シュノーケルを外して中の水を出してしまえば大丈夫です。
また、空気を吸わない場合には舌でマウスピースにふたをしてしまえば、シュノーケルに水が入ってきてもすぐに分かります。

呼吸の時には、リズム良くすると比較的楽に呼吸をする事が出来ます。
また、シュノーケルに慣れれば、波が来るのが体で分かるようになりますので、それに合わせて息を吐くようにしておけば海水を飲んでしまう事を防ぐ事ができます。
これは、慣れの問題だと思いますので、不安な時には、浅瀬で練習をしておくといいかと思います。

ヘッドファーストで格好良く

ヘッドファーストと言うのは、頭から水中に潜っていく方法です。
ですが、この方法での潜るやり方がなかなか出来ないと言う人が結構いたりもします。ですが、この潜り方ができないとシュノーケリングをする場合に潜る事ができませんので、ぜひマスターして下さい。

やり方ですが、
まず、海底に目標を決めます。なんでもいいですよ。岩でもいいですし、石でもいいです。
そして、目標が決まったら一気に腰を曲げて頭を先ほど決めた目標に向けます。この時、頭よりも頭のテッペンを向けるようにしましょう。
すると、上半身は水中に入る事になりますね。
下半身はまだ水面の上にあります。上手く出来ない人はこの状態で足をバタバタしているようです。
これでは、潜る事ができません。空中をいくらバタバタしても前に進まないですからね。
ですので、足はまっすぐに伸ばしておきます。体はまっすぐの状態になっているかと思います。
この状態にすれば、体が勝手に水中に入っていきます。別に何かをしている訳ではないですよ。
本当は耳抜きはしています。耳抜き以外はなにもしなくても体は勝手に潜っていってくれます。

足をバタバタしないように気を付けて下さい。
意味がありません。無駄に酸素を使ってしまうだけです。体全体が水中に入るまでは、耳抜き以外はやらないように気を付けましょう。

もし、それでも上手く潜れない人は、頭の状態を意識してみましょう。
なかなか上手く出来ない人は、頭(顔が)目標を見過ぎている場合があります。
始めに目標を決めると言いましたが、それをずっと見ていてはいけません。気持ち的には、頭のテッペンに目があって、その目で目標を見ている状態を意識して下さい。
実際に目標をずっとみていると、顔が上がってしまって、上手く潜る事ができません。
ポイントは潜る寸前まで目標を見て、それ以降は目標は見ずに目線はまっすぐです。頭のテッペンの目で目標を見るのです。

また、耳抜きをしないと十分に潜る事ができません。
耳抜きのコツとしては、潜る時に、息を止めますよね。それと同時かチョット遅れて(1秒ぐらい)耳抜きを始めます。そうすれば2~3mぐらいなら耳抜きをせずに潜る事ができるようになります。
耳抜きの頻度は人それぞれですので、耳に違和感がでたら耳抜きをするようにしましょう。
ですが、ムリに耳抜きをする事は辞めて下さい。
耳の内側から鼓膜を破いてしまう可能性もあります。耳抜きが上手く出来ない場合には、迷わずに浮上しましょう。

Valuable information

ペンライト 通販
http://bl.e-fanclub.com/ebidanshop/artist.asp?pageno=1&bunrui1=102&jid=3
スーツ通販は紳士服のミツヤ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/mitsuya/

Last update:2015/7/3

 

続き→

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 SEA in the Happy  All rights reserved