海は楽しいです!

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビングの基本シュノーケリングをマスターする

水中で移動をするコツ

水中での移動のコツとしては、なるべく体の中にある酸素を使わないと言う事です。
潜ってすぐに息が切れてしまっては、潜る→浮上→潜る→浮上の繰り返しで何もおもしろくありません。
ですので、水中で移動する場合には、ロープがあればロープを掴んでゆっくりと手だけで移動をします。
もし、ロープが無ければ足を使うのですが、なるべく使わないようにして、1回か2回足を動かしたら、しばらくは惰性で進んでいきます。なるべく体の向きを変える以外では足は使わないようにするといいと思います。

なぜフィンを使わなない方がいいのか

どうしてフィンを使わない方がいいのかと疑問に思う方もいるかと思います。
だって、フィンを使った方がより早く、遠くまで進む事が出来るからです。
しかし、シュノーケリングでは酸素ボンベをもっていません。水中に潜っていられるのは、個人差はありますが、肺の中の空気の分しか潜る事ができません。
フィンを使うと言う事は足を動かしますよね。足は筋肉が大きいです。筋肉が大きいと言う事はそれだけ大量の酸素を必要としているのです。
もう分かりましたね。
大量の酸素を必要とする足(フィン)を使わなければそれだけ水中にいる事が出来ると言う事なのです。
イルカの泳ぐ姿を見た事がありますか?
イルカは普通に泳ぐ時には尾びれはほとんど使っていないのです。尾びれは人間で言えば足と考えるとやはり、なるべく潜る為には大きな筋肉を使わないようにしているのではないかと思いますよね。

マスククリアは結構大事

マスククリアと言うのは、マスクの中に入った水を水中でマスクの中から出してしまう技です。
技と言うほど大げさな物ではないのですが・・・

しかし、これが出来ないとダイビング、シュノーケリングの上達は難しくなってきます。
しかし、マスククリアが出来れば、水中での気持ちに余裕が出てきますので、より楽しむ事ができます。

まず、マスククリアの練習ですが、まずは余裕を持つ事です。マスクの中に水が入ってしまったら慌ててしまう人も結構いるかと思います。しかし、マスクの中に水が入ったぐらいでは人は死にません。
鼻から水を吸ってしまったら危険ですが、ダイビングやシュノーケリングの時は鼻から呼吸をする事がありませんので、慌てないで下さい。
少し、周りが見えにくくなるぐらいです。

さて、練習ですが、練習の時必ず目は開けておくようにしましょう。目を開けていないと水が無くなったのかどうかはわかりません。
目に水が入ったら痛いと言う理由で目をつぶるのは辞めて下さいね。頑張りましょう。
水中でも目をちゃんと開ける事が出来れば、それだけでも十分に余裕を持つ事ができるのです。
目が開けられない人は、ダイビングやシュノーケリングをしている時でもマスクが外れた時の事や、水が入ってきた時の事を考えてしまって、心の余裕が無くなってしまいます。
ですので、まずは水中でも目を開けられるように練習をして下さい。

水中でも目を開ける事が出来るようになったら、いよいよマスククリアの練習です。

マスククリアのやり方としては、まずマスクの上の所を手で押さえます。
次に、斜め上を見るように顔を上げます。
そして、鼻から、ゆっくりと息を出していきます。すると、マスクの下から空気が出ますよね。
その泡を確かめながらするように、ゆっくりと息を出して下さい。
そうしていると、アラ不思議、水が無くなっている。
これでマスククリア成功です。

コツとしては、マスクの上はちゃんと抑える。
顔を斜め上に向ける
鼻から出す息はゆっくりと

この3つを守れば、すぐに出来るようになると思います。
なかなか出来ない人は、顔の角度を調整したり、出す息を調整したりとしてみて下さい。
必ず出来るようになります。

おすすめWEBサイト 5選

おすすめのリンパドレナージュスクールをタイプごとにご紹介!資格取得が目指せます。

最終更新日:2018/5/18

←戻る

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 SEA in the Happy  All rights reserved